セフレを恋人にしたい人へ

セフレとの交際期間が長くなればなるほど、それだけ全ての相性が合っていてお互いに居心地がいいからセフレとしての関係のまま付き合いが続いているわけですよね。例えば恋人と喧嘩をしたり上手くいかなかった時や、片思いの相手に失恋した時などどんな時でも傍にいてくれて寂しい時にはすぐに駆けつけてくれる、そんなセフレとの出会いこそ付き合いが長くなると最終的には必ずセフレから恋人にしたいと思うようになるのは人間ならでもある事です。
でも最初で割り切った関係を維持するという約束をしているからこそ、中々恋人になって欲しいなんていう事ができないですよね。だってもし恋人になることを断られたらこれまで居心地のよかった場所も一緒に失う事になるので、自分にとってかなりのダメージとなってしまいます。

しかしセフレを恋人にしたいと思うのであれば、もうそうなった時点で居心地のいい場所だったところは既に失いかけているので、相手に本気になった途端に色々な葛藤が始まってしまうのです。だとしたらもう悩む必要はなくなりますよね、はっきりとセフレにたいして恋人になって欲しい宣言をするのも悪くないのではないでしょうか?
今までセフレと言う割り切った関係を続けていたのですから、もう遠まわしに発言したり行動したりすると言うのはかなり難しいものがあるし、したところで中々気がつく事ができないと思います。なのでセフレに特別な恋愛感情を抱いたのであれば、正直に言ったほうが一番の解決策になるので、その気持ちを正直に伝えてみましょう。でもここで知っておいて欲しいのは、正直に打ち明けたからといって上手く行くというわけではなく、もしかすると相手は重くなってセフレの関係も解消しようとするかもしれないし、逆に恋人になる事はやっぱり無理だけどそのままセフレとしての関係を続けようと言ってくるかもしれないので、どっちにしろ自分自身が傷つく結果となる事をしっかり理解しておきましょう。

ですが、セフレから恋人になるパターンもよくあるので正直な気持ちが未来を明るくさせる可能性を持っているので、その可能性に賭けてみるのも良いと思います。だってセフレを恋人にしたいと思った瞬間から、きっと会うたびにどんどんセフレの事が好きになり胸が苦しくなると思うので、そうなるぐらいならいっその事その可能性に賭けてみるのも悪くないと思いませんか?セフレを恋人にしたいと思っている人は、告白するタイミングも大事なので相手の状況をしっかり見てから告白するようにしましょう。
ですが、本当にセフレが恋人になってもいいのか、もしかするとセフレと言う関係だからこそ相性が合っているだけで、これが恋人となると色んな悩みが出てきたり相性が合わなかったするのかもしれないと言う想定も心得ておく事が、セフレに告白する前に考えるべき事でもあります。